2014年5月14日

拡大を続けるWiMAX 2+のエリア

2013年に登場したWiMAX 2+は、都市部を中心に急速にエリアが拡大しています。エリアの拡大に加えて品質や通信環境の充実に力を入れているため、利用環境は急ピッチで整備されている状況にあります。2+がカバーされていない地域については、ルーターが自動的に切り替えを行いWiMAXへの切り替えがなされるシステムです。また、高速モバイル通信をスマートフォンに接続して使用される利用者の方が圧倒的に多いことから、WiMAX 2+でカバーできていないエリアにおいては3Gや4G LTEに切り替えることで利用可能となります。このように、高速モバイル通信サービスについては、現在においても発展途上にあることから、今後はより一層利便性の高い通信サービスの利用が可能になっていくことでしょう。公共交通機関は地下街とつながっていることから、地下街のエリアでも快適に高速モバイル通信を利用することが出来るようになりました。拘束でインターネットに接続することができ、更には利用制限が取り外された料金形態も登場したことから、料金や利用制限を気にすることなくインターネットに快適に接続することが出来るようになり、ますます便利になりました。WiMAX2+は契約してから1年間は規制なしです。でも1年後は規制が入ります。具体的な数値はまだ明らかにされていませんが、もしかしたらちょっと使っただけですぐに規制が入るEmobileのようになってしまうかもしれません。それならWiMAXプロバイダ比較2014で安くてずっと規制なしを見つけて、申し込んだほうが後悔しないと思います。